大人だけじゃない?【小学生で流行る鬱病の怖さ】

読書

ストレスに弱い子供達

子供に過保護すぎたり、無関心すぎたりするとストレス耐性が低くなり鬱病になりやすい子供になってしまいます。最近は小学生でも携帯を持つ時代なのでネットでのいじめも鬱病の原因になっています。

詳しく見る

勉強

どんな言葉を掛けるのか

鬱病の子供と接する時は励ましの言葉を掛けるのはよくありません。自分は貴方の味方だよという態度で接するのが一番です。鬱病と似た病気として五月病というものがありますが、五月病も小学生や中学生の内から発症してしまう子供はいます。

詳しく見る

女の子

鬱病対策は慎重に

鬱病治療を行う時は原因から子供を遠ざける事が必要です。保健室や学校側と協力する場合、小学生や中学生の年頃の子供は周囲の目がとても気にある年頃です。それがストレスになる場合は学校に通わないというのも一つの手段ですよ。

詳しく見る

勉強

子供増える新型うつ

小学生の中には将来の事を考え受験を行う子供もいます。勉強が捗らない、覚えていた問題が思い出せない、勉強した事が頭に入ってこないというような症状が長く続く場合新型の鬱病を発症している事があります。

詳しく見る

子供のうつ病が急増中

勉強

鬱病は大人が掛かる病気と捉えがちですが、最近は小学生や中学生の間で鬱病が増えてきています。鬱病がふえてきた理由としてうつ病への理解が広まった事による事が考えられます。そのままにしてしまうと自殺という悲しい手段をとってしまう可能性もあるので、周りの大人が早めに気づいてフォローする事が大切です。うつ病になってしまう原因としては、元々の性格によるものもありますが、学校で同級生にからかわれたり、勉強にうまくついていけない、転校先で友達ができなかったなどのから来るストレスをうまく処理できずにうつ病になってしまうケースがあるようです。また、前よりも子供のストレスに対する耐性が減ってきているようです。両親が喧嘩ばかりしている家庭やいじめが原因でうつ病を発症する事もあります。いじめに関しては周りに分かりにくい場所で起こっている事が多いので発見が難しいという現状があります。

いつもよりも元気がない、食欲不振など明らかに今までと様子が違うけれど鬱病なのか判断がつかないという人はチェック項目があるのでそれを参考にして判断しても良いでしょう。不眠や朝起きる事ができない、イライラしたり不安や焦りを感じる、家に引きこもったり、不登校気味になってします。腹痛や頭痛、微熱や吐き気が長く続く場合はうつ病である可能性が高いです。ですが、うつ病かどうかの診断は医師が決定するので家族の側から勝手に決めつけるのは病気を判断する為にもよくありません。